0562-51-6204

受付時間09:00 〜18:00(日祝除く)

一般建設業許可

経営業務の管理責任者についてのキホン

ズバリ、1番の厳しい条件 経営業務の管理責任者とは?

同業の方から、こんな話を聞いたことはありませんか?

「うちは許可を取るのに1年足りなかった。

当時は何のことだろう?と、気にも留めなかったかもしれませんが、これが経営業務の管理責任者のことであった可能性が大です。

愛知県の建設業者さん
確かに、そんな会話を聞いたことがありあますね。
でも実際に何が1年足りなかったんですか?
他にも年数を問うものがあるので、一概には言えませんが、
恐らく、経営の経験のことをいっていたのだと思いますよ。
建設業許可専門の土井行政書士
愛知県の建設業者さん
でも、経営の経験って具体的にはどんなものを言うの?
少し複雑ですが、要約すれば、
きちんと証明できる経営経験」が必要なんです。ひとつずつ確認していきましょう。
建設業許可専門の土井行政書士

そもそも経営ってなに?自営業でもいいの?

経営って何したら経営なの?と、言う質問はたくさんあります。

この点は愛知県の建設業許可の手引や建設業許可事務ガイドラインにしっかり書かれています。

手引とは言え、行政が発行する資料なので言い回しが堅苦しいですね。

「経営業務の管理責任者としての経験を有する者」とは、業務を執行する社員取締役執行役若しくは法人格のある各種の組合等の理事等、個人の事業主又は支配人その他支店長、営業所長等営業取引上対外的に責任を有する地位にあって、経営業務の執行等建設業の経営業務について総合的に管理した経験を有する者をいう。

建設業許可事務ガイドライン

愛知県の建設業者さん
お!
個人の事業主って書いてある。と、言うことは、個人事業主での経験も経営経験になるんですか?
その通り、認められる可能性は十分にありますよ。
建設業許可専門の土井行政書士
愛知県の建設業者さん
可能性って言うと、個人事業主をしていただけじゃダメなんですね。
さすがですね。その通りです。
冒頭でお話ししたとおり、経営経験は「きちんと証明できる経営経験」であることが大切なんです。
例えば、お客様のように「個人事業主」の経験があった場合、自分自身で「やってたよ。」と、証言するだけでは足りず、いろいろな書面で事実であることを立証していかなければならないんです。
建設業許可専門の土井行政書士
愛知県の建設業者さん
なんか、大変そうですね・・・。
自信が無くなってきました・・・。
ひとつずつ、しっかりご案内するので心配ありませんよ。
まずは、こちらをご覧ください。
建設業許可専門の土井行政書士

  • 経営業務の管理責任者として経験がある方
  • 経営業務を補佐した経験

まず、経験のレベルをこの2つに分けて、ご自身がどこに当てはまるか検討します。
全てを記載すると膨大な量になるため、この記事では、ほとんどの経営経験証明で採用されている「経営業務の管理責任者として経験がある方」について具体的にどんな方なのかをご紹介しますね。
建設業許可専門の土井行政書士

経営業務の管理責任者として経験がある方

  • 業務を執行する社員
  • 取締役
  • 執行役
  • 個人事業主
  • これらに準ずる地位の方

経営業務の管理責任者として経験がある方と言うのは大きく分けてこの5つに分けることができます。5つに分かれていますが、大きな括りで言えば2種類しかなく、ストレートな経営経験者と認められるパターン(赤字)と、組織的に見てそれらの地位に準ずる方であり、経営経験者とみなされるパターン(黒字)です。
証明が比較的簡単なので大体の方が、赤字で示した直接的な経営経験者の経験をもって申請されています。
個人事業主もここに該当していますね。
建設業許可専門の土井行政書士
愛知県の建設業者さん
複雑で分からなくなってきました・・・。
心配ないですよ。
ここでは、赤字に該当する経験があるのか、そうでないのかが分かっていればOKです。
赤字に該当する経験がない場合、この先の記事はあまりお役に立てないかもしれないのでここで読むのを辞めてしまっても良いかも知れません。
建設業許可専門の土井行政書士
愛知県の建設業者さん
わかりました!
私は個人事業主の経験があるので、引き続き教えてください。

実際に経営業務の管理責任者としての経験を証明しよう!

必要な書類その①

法人の場合

  • 登記事項証明書(役員として登記されていることが確認できること)

個人の場合

  • 確定申告書の控え(第一表から収支内訳書) or 青色申告決算書等一式添付のもの)
  • 所得証明書(市区町村発行のもの)

愛知県の建設業者さん
これはなんですか?
経営経験を証明するのに必要とされている書類の一部です。
建設業許可専門の土井行政書士
愛知県の建設業者さん
なるほど、きちんと事業の実態を確認するんですね。
その通りです。
残念ながらこれが揃えられなくて、許可取得を諦める事業者さんは少なくありません。
建設業許可専門の土井行政書士
愛知県の建設業者さん
そうなんですね。
これって何年分必要なんですか?
最低でも5年分が必要で、許可を受けようとする業種以外の経営経験しかない場合は6年間分が必要です。
これは、連続した期間でなくても良いのですが、個人の場合の書類は遡って取得できる年数には限度があるので注意が必要です。
建設業許可専門の土井行政書士
愛知県の建設業者さん
捨てないように取っておかないといけませんね。
聞いておいて良かったです。
お伝えできて良かったです。
続いてこのリストを見ておきましょう。
建設業許可専門の土井行政書士

不備のチェックポイント

法人の場合

  • 登記事項証明書の目的欄から該当業種を営んでいたことが判断できない

個人の場合

  • 確定申告書の控えがどうしても準備できない場合
  • 所得証明書が発行機関の理由により発行できない場合
このように、このリストに書かれた問題に該当すると「不備」という扱いを受けます。
救済される可能性もありますので、このあと説明しますね。
先に、必要な書類その②を見ていきましょう。
建設業許可専門の土井行政書士

 

必要な書類その②

法人・個人共通

必要な書類その①に対応する期間に行った工事のうち、以下のいずれかの書類が必要です。
また用意する件数は、1年につき1件ずつ必要です。(※不備がある場合はこの件数が1年1件から1ヶ月1件、つまり年12件の証明資料が必要になります。

  • 契約書
  • 注文書 + 請書の控え
  • 注文書 or 請求書 or 見積書 + 発注証明書

愛知県の建設業者さん
次は、工事の資料ですか?
その通りです。
その①では事業の実態があることを証明し、その②ではちゃんと建設業を営んでいることを証明するようなイメージですね。
建設業許可専門の土井行政書士
愛知県の建設業者さん
なるほど、そういうことですね。
それにしても、とても厳しくチェックされるんですね。
そうなんです。なので、大切な下請さんや、外注先の職人さんに教えて上げてくださいね。
建設業許可専門の土井行政書士
愛知県の建設業者さん
わかりました!
それと、さっき不備の救済があると聞きましたけ、どうすれば救済を受けられますか?
不備の救済ですね。これはリストの中にも注釈で書いておきました。
必要な書類その①の不備チェックに引っかかった場合は、通常1年1件の工事資料を用意するところ、1ヶ月に1件の工事資料が用意できればOKという扱いをもって救済されます。
建設業許可専門の土井行政書士
愛知県の建設業者さん
急に12倍の証明が必要になるんですか!?
そうなんです。そうならないように、法人成りをする時や、先々許可を取る予定があるときは予めご相談くださいね。
建設業許可専門の土井行政書士

まとめ

  • 経営業務の管理責任者の条件は立証がとても大変
  • 直接の経営経験と、経営の補佐経験による申請があって、直接の経営経験による申請が簡単で多い

今回はちょっとハードな記事になってしまいましたが、この条件が建設業許可の鬼門ですので、頑張って乗り越えましょう。

当サイトではその他の条件も併せて、総合的な許可の可能性をたったの3分で無料診断できます。

まだ、お試しでない方は下のボタンからどうぞお試しください。

※トップページには3分診断のガイダンス動画があります。

今スグ解決!無料の5分診断はコチラ

-一般建設業許可
-

Copyright© 愛知県の建設業許可は行政書士土井事務所 , 2021 All Rights Reserved.