0562-51-6204

受付時間09:00 〜18:00(日祝除く)

一般建設業許可

いちばんやさしい建設業許可における種類の選び方

愛知県の建設業者さん
建設業許可を取れって言われたけどどの種類を取ればいいのかわからない…逆にこの種類の許可をとったらどの工事までできるのか知りたい。許可の種類はあとから増やせるの?
こんな疑問にお答えします!
建設業許可専門の土井行政書士

記事を読み終えたあなたの状態

  • 建設業許可を取得するとき、種類の選び方がザックリわかる。
  • 取った種類の許可でやれる工事の幅の考え方がだいたいわかる。
  • 扱う工事の種類が増えたときにどうすれば良いかわかる。

行政書士として、建設業許可のお手伝いをしてきた経験に基づいてお伝えしています。

建設業許可の種類を選ぶ上で大切なのは受注金額

ズバリ、工事の種類ごとに見て、受注額が500万円以上になるものだけ許可を取得すればOKです。

もうちょっと捕捉をすると、受注額は契約ごとにみるので、その種類の工事をやっているからといって全部取らないといけないわけじゃないんです。

なぜならそもそも建設業許可は受注額が500万円以上にならなければ取らなくてOKなんです。

つまり500万円未満の工事しか行わないのであれば許可はいりません。

種類を選ぶ上でも同じような考え方で大丈夫です。

具体的な許可の種類の選び方

例えば、大工工事と内装工事を受注する建設業者さんで、大工工事は1000万円規模の工事を受注する予定があるけど、内装工事は2〜300万の工事しか受注する予定がない場合、工事の種類は大工工事だけ取っていればOKです。

愛知県の建設業者さん
受注額でみるなら、伝票を分けてしまえばいいね!
その考え方はとても危険です!受注金額は総額で見られるので、伝票を分割しても結局立ち入り等では通用しません。
建設業許可を持っているかどうかは簡単にインターネットで検索できるので、従業員や競合他社から無許可営業などのタレコミが入ればアウトです。
罰則も厳しいので、気をつけてくださいね。
建設業許可専門の土井行政書士

こういった事情があるため、やってる工事全ての許可を取らなければならないワケではありませんが、種類ごとに見て1度でも受注額が500万円以上となったらそれは許可が必要になるので注意して検討してくださいね。

種類ごとでできる工事の幅に迫る「わざわざその種類の許可まで取らなくて良いかも?」

必要な種類の許可業種を見定めるには、受注額に加えて、その工事の種類の許可を取得して実際に行える工事の幅について理解をしておかなければなりません。

これらを理解すると、2つの利点が得られます。

獲得できる2つの利点

  • ムダが防がれる
  • トラブルを防ぎ、事業の基礎が守られる

ともにとても重要なポイントです。

2つの利点の重要性

まず、種類ごとの幅を理解することで余分な種類の許可を取らなくてよくなります。
一方で、本来必要な種類の許可を取りそびれていた、と言う事態を防ぎます。

工事の種類ごとに、色々と証明書類を集める必要があるので、少なく済めば時間も費用も減らせます。
余分なことに労力を割く必要はないので、しっかり理解してムダを防ぎましょう。

取りそびれについては、そんなの当たり前じゃないかと思われるかもしれませんが、残念ながらそういった状況をしばしば見かけます。

当然、無許可営業になってしまいますし、知らなかったでは済まされませんので改めて理解しておきましょう。

ズバリ、ムダが発生する原因

建設業許可には「附帯工事」と言う考え方があります。

これは、この種類の工事をやるなら、この工事がついてきても仕方ないよね。と、言う考え方です。
附帯工事の枠にハマれば、やるからといって全ての種類の許可を取る必要はない可能性があるんですよ。

これは工事の種類ごとに検討していく必要があるので、一概にこれはOKと言えないのですが、こういう考え方があることを理解しておけば十分です。

ズバリ、必要な種類の許可を取りそびれる原因

愛知県の建設業者さん
どのみち、行政書士の先生に頼めばその辺も全部うまくやってくれるんでしょう?
そうお考えになるのは当然だと思いますが、残念ながらそうではありません。
例えば、お客さんが建設業許可が欲しい!種類は大工工事!といった場合、全ての行政書士が【本当に大工の許可でいいのか?】から、検討してくれるワケではないんです。
実際、仮に不要な許可であろうと、望むままにその種類の許可を取得して取引終了、なんていうケースは少なくありません。
建設業許可専門の土井行政書士

もちろん、総合的にサポートしてくれる行政書士の先生もいますが、トップページにも書いたとおり、中々それを見抜くのは難しいです。

そのため、事業主さん本人において、扱える工事の幅への理解が一定程度必要なんですね。

ちなみに、これは営業トークですが、弊所はもちろん【その許可で本当に良いのか?】からしっかり検討、サポートしていますよ。

急がないものは必要になったときでOK、許可の種類はあとから追加できる!

許可の種類は「業種追加」という手続きで、あとから追加できます。
そのため、結論として取るべき種類の建設業許可は「いま、どうしても欲しい種類の許可」に絞って検討すれば良いです。

もちろん、取れるものをわざわざ後回しにする必要はありませんよ。
わざわざ後回しにするのは、大型工事の失注に繋がる可能性もあるので、オススメしないと言った意味です。
建設業許可専門の土井行政書士

例えば、やっとの思いで経営経験5年の立証の目処がたったころ、自分が持っている資格だと、どうやら他の許可が取れるらしいと小耳に挟みまます。

そのため、経営経験をもう1年積んで6年にしてから2業種で申請しよう、と計画を変更して待っている間に大型工事が来てしまったなんてことは、考えられますよね。

500万円以上の工事1件と、数万円で済む手続き費用を天秤に掛ければ、急がないものは後回しでOKです。

このように、後から許可の種類を増やすことはできますので、必要なものから順番に取れるタイミングで抑えていけば十分です。

さいごに

建設業許可を取得するために、工事の種類を選ぶのはとても大切な作業です。

ご自身で種類を選ぶのが不安だったり、お時間がない方はご相談くださいね。

弊所は、キチンとその種類の許可が必要かどうかを判断した上でご提案します。

0562-51-6204へ電話する

ご自身で許可取得を目指す方はこちらをCHECK

自分で建設業許可取得のイメージ
建設業許可を自分で取る方が最低限知っておきたいコト

愛知県の建設業者さん許可が得られるまでのだいたいの流れを知りたい。もしできそうなら自分でやりたい。自分でやった場合、どれぐらい時間が掛かるのかザックリ知りたい。こんな疑問にお答えします! ※実際の失敗 ...

続きを見る

-一般建設業許可
-

Copyright© 愛知県の建設業許可は行政書士土井事務所 , 2021 All Rights Reserved.